トップへ

髭脱毛後のアフターケアはとっても大切!

脱毛は肌を傷める可能性があります。

脱毛は結局は毛根組織の周囲を破壊する、つまりダメージを体に与えていることですから、肌表面に直接ダメージを与えていなかったとしても、間接的にストレスを与えていますし、光脱毛やレーザー脱毛は、肌表面にも熱を少ないとしても与えているのは確実ですから、脱毛後は必ずケアをする必要があります。

レーザーも光もメラニン細胞に集まり、その熱で毛根を破壊するわけですが、日焼けしていない肌にもメラニン細胞は存在しますので少なからず熱が発生します。ただし毛や毛根にあるメラニン細胞より小さいので、通常の肌であれば、火傷するほどの熱は集まりません。火傷はしないが、肌は無傷ではないということです。
脱毛して、無駄毛が無くなっても、肌があれていたらせっかくの脱毛も台無しですから、脱毛+肌ケアはとても重要です。

まずは保湿

ニードルにしても毛穴に微弱電気を流していますし、光やレーザーは、肌表面にも熱を与えることになりますから、どうしても肌の水分が奪われますし、熱を持つことになりますので、冷却の意味でも、十分な水分を補い、それが逃げないように保湿してやることが重要です。
多くの脱毛サロンや、エステ、クリニックでは、もちろん脱毛後のケアはしてくれますが、自宅に帰ってからもしばらくは、自身で保湿を心がけるようにしなければなりません。

肌に刺激を与えない

脱毛後は、肌がより敏感になっていますから、できるだけ刺激を避けるようにする必要があります。あまりごしごし洗ったりしてはいけません。

お風呂に入って、熱い湯で、ごしごし洗うのは2〜3日は避けましょう。
また、ヒゲもできるだけ強くそらないようにした方が無難です。

紫外線を避けよう

光やレーザーを浴びている場合はそうですし、美容暖気脱毛(ニードル)で毛が抜けている場合は、さらに無防備になっています。毛は肌を守っているものでもありますから、脱毛後は紫外線をできるだけ避けるようにしましょう。

もちろん、顔などは浴びないわけにはいきませんので、保湿して、日焼け止めをよーく塗っておきましょう。
一日中外にでている場合は、保湿剤入りの日焼け止めを携帯して、数時間おきにぬる様にしましょう。少なくても2〜3日は得に念入りに日焼けに対して気を配るようにしましょう。
もちろん施術後だけでなく、光脱毛。レーザー脱毛をしているのであれば、脱毛が完了するまでは、ずっと日焼けをしないようにしなければなりません。
通勤や通学にも、SP50ぐらいの化粧水タイプの日焼け止めを購入しておいて、持ち歩いて数時間おきに塗るようにするのがお勧めです。化粧水タイプの保湿成分が含まれているものであれば、複数使わずに済むので便利です。

肌トラブルを感じたら

通常2〜3日で脱毛のダメージが回復していきますが、肌に赤みや発疹が出てくる、増えてくるようでしたら、脱毛を受けたところに直ぐに電話して対策を相談しましょう。クリニックの場合はそこへ行けばいいですが(ただしひどいところは予約がとれず、何週間も待たされたりしますので、そういうところで脱毛しないように)、脱毛サロンやエステの場合などは提携のクリニックがありますので(ないところや、近くにない名ばかりの提携の所もあるので注意です)、そこに行くように指示されると思います。

つまり、脱毛するところをを選ぶ時は、提携先など、また何かのトラブルの時の保証などをチェックしておくことは 大切だということですね。

 


 
ホーム ランキング 料金比較 髭脱毛体験談 地域別おすすめ